スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
縫合の状態。
2014/04/25(Fri)
本日は、ぴょん太クンの経過記録という意味も込めて、
縫合の状態をお見せしたいと思います。



140425-1_convert_20140426014351.jpg




140425-2_convert_20140426014512.jpg




140425-3_convert_20140426014545.jpg




140425-4_convert_20140426014617.jpg




メッチャ動き回っているのに、全然出血してない・・・。
動くと痛くないのかなぁ・・・

とりあえず、今日も包帯巻いておこうね。










にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村




br_decobanner_20110505035156.gif






この記事のURL | ペットヘルス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本日、退院♪
2014/04/24(Thu)
本日、無事に退院したぴょん太クン。
手術したとは思えないほど元気です
次回の診察は27日の日曜日。



140424-1_convert_20140425012612.jpg




140424-2_convert_20140425012647.jpg




病院で付けていたエリザベスカラーは、
帰宅途中に勝手に外してしまう始末・・・。
&食糞できないので、今まで嗅いだことのない臭いに、
ぴょん×2ママがギブアップ・・・
本兎も顔洗えない、耳洗えない、毛繕いできないストレスがマックス。
なので、動物専用の包帯を巻いてみました。
これなら、食糞OK,顔洗い、耳洗い、毛繕いOK。
これで一晩一緒に寝ながら様子みます。










にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村




br_decobanner_20110505035156.gif






この記事のURL | ペットヘルス | CM(2) | TB(0) | ▲ top
面会♪
2014/04/23(Wed)
手術から一夜明け、今日は夕方にぴょん太クンと
面会をしてきました。
思っていたよりも元気に動き回っていて、
逆に傷口が広がってしまうんじゃないかと思うほどでした。

先生も『若いウサギさんなら、術後でもよく動くけれど、
この子の年齢でこれだけ動けるのは珍しい。』と
言われました。

それでも、お昼はやや食が細かったので、
強制給餌をしたそうです。



140423-1_convert_20140424000746.jpg




140423-2_convert_20140424000810.jpg




ぴょん×2ママに会うと、もうお家に帰れるものだと思って、
箱から出ようとするぴょん太クン。
今日はまだ帰れないよ・・・。
このまま特に問題がなければ、明日には退院できるそうです。
ぴょん太クン、とてもよく頑張りました。










にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村




br_decobanner_20110505035156.gif




この記事のURL | ペットヘルス | CM(2) | TB(0) | ▲ top
手術終了。
2014/04/22(Tue)
本日、ぴょん太クンは『みわエキゾチック動物病院』にて
胸の腫瘍の摘出手術を行いました。



140422-1_convert_20140422232405.jpg

自宅を出発する前のぴょん太クン。
術後はあまり食べられないかもしれないけれど、
数日分のご飯、牧草山盛り、生野菜たっぷり、ドクター・ミネラ入りの
特製リンゴジュース、その他ぴょん太クンの大好きなおやつを大きな袋に
詰め込んで、そして、OPPOさんの手作りエリザベスカラーと
お気に入り敷毛布を抱えて病院へ向かいました。



140422-2_convert_20140422232509.jpg




140422-3_convert_20140422232545.jpg




140422-4_convert_20140422232621.jpg




140422-5_convert_20140422232708.jpg




140422-6_convert_20140422232750.jpg

病院に到着して、診察待合室でのぴょん太クン。
いつもと違う様子を感じとって、落ち着かないご様子・・・。
それでも、大好きな牧草(オーツヘイ)をポリポリ食べたりして、
食欲だけは変わりません。

手術前の診察を受けて、奥のオペ室へ連れられて行くのを見送るその瞬間、
なんとも言えない複雑な気持ちになりました。

オペは午後1時開始。
レッキスは、他の品種に比べると麻酔のリスクがやや高いそうで、
高齢ということもあり、数種類の麻酔を使用し、
しばらく様子をみてから手術に入るとの説明を受けました。
また、何かあったら連絡するとのことだったので、
手術が終わるまで病院付近で時間を潰すことにしました。



140422-7_convert_20140422232825.jpg

手術が無事に終わり、午後4時半過ぎに面会。
やや麻酔からの覚醒に時間がかかったようです。
面会前に、三輪院長先生から摘出した腫瘍を見せてもらい、
手術中の写真を見ながら、手術の様子を細かく説明していただき、
また今後の病理検査を踏まえて今後の治療方針等も話してくださいました。
手術中の写真は後ほどデータでいただくこともできるそうで、
データが手元に届いたら、ブログにもUPしたいと思います。

術後のぴょん太クンは、まだ麻酔から覚醒したばかりで
足元がふらついて、よたよたしながらケージの中を歩き回っていました。
今夜から2、3日は入院なのですが、いつもぴょん吉クンが傍にいたので、
ひとりで大丈夫かな・・・
早くお家に帰ってこれるといいね・・・。



140422-8_convert_20140422232902.jpg

今日の手術成功祈願をしてくれたウサ友さん。
みんなが心配してくれて、みんなが応援してくれる・・・。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。










にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村




br_decobanner_20110505035156.gif






この記事のURL | ペットヘルス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぴょん太、手術決定。
2014/04/18(Fri)
本日、東京の駒込駅近くにある『みわエキゾチック動物病院』へ
診察に行ってきたぴょん太クン。
胸のしこりについて、手術するべきか悩んでいたところ、
知り合いのウサ友さんから、『東京大学付属動物医療センター』だと
高度な医療が受けられるようだと聞き、掛かり付けの病院へ相談しました。
すると、院長先生から、『そこの責任者をやっている人が自分の病院も
開院しているので、連れて行くならその病院がよい。』と教えてくださり、
早速、予約し、紹介状を持って診察に行きました。



140418-1_convert_20140421001321.jpg




140418-2_convert_20140421001358.jpg




聞くところによると、三輪先生は『獣医師を目指す人はみな先生の著書を参考に
勉強するくらい小動物医療では有名な先生。』だそうです。
診察待合室には、斜頚を患い、眼球の奥に膿が溜って目を切除した12歳の
ウサギさんやぴょん太と同じようにしこりを抱えたウサギさんがいました。
その様子からしても、こちらの病院は本当に重い病気を抱えた
小動物の駆け込み寺のようでした。
実際に診察を受けてみると、とても手際よく診察をして、
飼い主への説明も詳細かつ丁寧にお話してくださいました。
先生の診断結果、『良性か悪性かは別にして、腫瘍であることには間違い
ないので、できるだけ早めに手術して切除することが望ましい。』
とのことでした。
良性でも少しずつ大きくなっていくし、今なら腫瘍の固着も一部だけで
全体が固着しているわけではなさそうなので、少量の筋肉とともに腫瘍を
切除すれば完治が見込めるとのことでした。
また、年齢の割には元気もあり、手術リスクも低いとの説明を受け、
手術することを決めました。
できるだけ早い方がいいとのことでしたので、院長先生の一番早くに手術
できる4月22日(火)に決定。
2~3日の入院を要するようですが、このコはひとりになったことがない・・・。
いつも兄弟のぴょん吉がいるので、まるっきりひとりで大丈夫だろうかと
それだけが心配です。
でも、我慢強いコだからきっと元気になって帰ってきてくれると信じています。

※ 今日はぴょん×2ママの誕生日。ぴょん太クンとずっと一緒にいられて
  幸せでした~











にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村




br_decobanner_20110505150404.gif




この記事のURL | ペットヘルス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。