スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ぴょん太、手術決定。
2014/04/18(Fri)
本日、東京の駒込駅近くにある『みわエキゾチック動物病院』へ
診察に行ってきたぴょん太クン。
胸のしこりについて、手術するべきか悩んでいたところ、
知り合いのウサ友さんから、『東京大学付属動物医療センター』だと
高度な医療が受けられるようだと聞き、掛かり付けの病院へ相談しました。
すると、院長先生から、『そこの責任者をやっている人が自分の病院も
開院しているので、連れて行くならその病院がよい。』と教えてくださり、
早速、予約し、紹介状を持って診察に行きました。



140418-1_convert_20140421001321.jpg




140418-2_convert_20140421001358.jpg




聞くところによると、三輪先生は『獣医師を目指す人はみな先生の著書を参考に
勉強するくらい小動物医療では有名な先生。』だそうです。
診察待合室には、斜頚を患い、眼球の奥に膿が溜って目を切除した12歳の
ウサギさんやぴょん太と同じようにしこりを抱えたウサギさんがいました。
その様子からしても、こちらの病院は本当に重い病気を抱えた
小動物の駆け込み寺のようでした。
実際に診察を受けてみると、とても手際よく診察をして、
飼い主への説明も詳細かつ丁寧にお話してくださいました。
先生の診断結果、『良性か悪性かは別にして、腫瘍であることには間違い
ないので、できるだけ早めに手術して切除することが望ましい。』
とのことでした。
良性でも少しずつ大きくなっていくし、今なら腫瘍の固着も一部だけで
全体が固着しているわけではなさそうなので、少量の筋肉とともに腫瘍を
切除すれば完治が見込めるとのことでした。
また、年齢の割には元気もあり、手術リスクも低いとの説明を受け、
手術することを決めました。
できるだけ早い方がいいとのことでしたので、院長先生の一番早くに手術
できる4月22日(火)に決定。
2~3日の入院を要するようですが、このコはひとりになったことがない・・・。
いつも兄弟のぴょん吉がいるので、まるっきりひとりで大丈夫だろうかと
それだけが心配です。
でも、我慢強いコだからきっと元気になって帰ってきてくれると信じています。

※ 今日はぴょん×2ママの誕生日。ぴょん太クンとずっと一緒にいられて
  幸せでした~











にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村




br_decobanner_20110505150404.gif




関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ペットヘルス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<手作りオリジナルエリザベスカラーのプレゼント♪ | メイン | お部屋引っ越し。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://pyontapyonkichi.blog102.fc2.com/tb.php/782-279b36f0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。