スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ぴょん太、膿瘍から奇跡的回復♪
2013/09/14(Sat)
ちょうど一週間前の土曜日に、ぴょん×2たちを連れて
病院へ行ってきました。

ぴょん太の膿瘍ですが膿瘍があった部分は、
今ではかさぶただけが残り、しこりは消えていました
そんなワケで、薬は一時中断して様子を見ることに。



130914-1_convert_20130914085851.jpg



ぴょん太クン、やっと薬から解放されて、
ぴょん×2ママの傍でリラックス中~
歳を重ねるごとに、人にベッタリくっつくようになったぴょん太クン。
このまま、薬を飲まずに9月を乗り越えられたらいいね










にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村




br_decobanner_20110505150404.gif






関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | ペットヘルス | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<高齢ウサギに朗報♪ 初の酸素ハウス体験!! (ぴょん吉編) | メイン | 我が家のバラたち。>>
コメント
- No title -
ぴょん太くん、しこりも消えたみたいで良かったですね!
ぴょん太くん本当に良く頑張ったね。その頑張りが遂に実を結んだね。
本当によかった!
2013/09/14 15:33  | URL | らびったー #Zj78gIDM[ 編集]
- らびったーさんへ -
ホント、奇跡的な回復ですi-199
私自身もちょっと諦めかけていて、
長期戦で薬を飲ませていくしかないのかと
思っていたところなんです・・・。
でも、ぴょん太は頑張ってくれました。
嫌な薬もちゃんと飲んでくれたので、
膿瘍がなくなりました。
でも、薬をやめたらまた膿瘍ができるかもしれないので、
また1ヶ月後に診察があります。
ご心配いただきまして、ありがとうございます。
2013/09/15 20:20  | URL | ぴょん×2ママ #-[ 編集]
- ぴょん太くん良かった! -
始めまして、レオママと申します。我が家のミニレッキスのレオは年末から(いや、表に出なかっただけで何年も患っていたのでしょう)膿瘍に立ち向かって頑張っているところです。レオはもうかなりの手遅れなのか安楽死されそうになりましたが、効く薬も与えらえないまま、半ば見放された感じで病院にも行っていません。ぴょん太が回復して本当に良かった!抗生物質はどんな成分のものだったのでしょうか?日本のお医者さんはウサギの病気にとことん向き合ってくれるようで羨ましいです(*^^*)
2014/02/27 18:03  | URL | レオママ #-[ 編集]
- レオママさんへ -
はじめまして、ぴょん×2ママと申します。
レオ君のブログ、拝見しました。
なんとも痛々しそうな写真が並んでいましたが、
レオ君自身は元気そうでよかったです。
レオ君は、元々歯の病気(不正咬合)があるのかな?
ウサギさんにはこの不正咬合という病気が多いようですね。
ウチのぴょん太は牧草や硬いものが大好きで、
歯もよく削れて健康そのものでした。
それが、ある日突然に近いような形で右の口元がぷっくりと腫れ、
それが気になったぴょん太は爪でひっかいたのでしょう、
中から白い膿がどろりと出てきてしまって、急いで病院へ連れて行きました。
歯には問題がなく、病院でも何が原因かは分からず、
結局年齢に伴うものだろうという見解でした。
最初は診察でも抗生物質が効く可能性は低く、
このまま治ることはないと言われておりました。
けれど、何もしないでいるよりはと思い、
1週間程抗生物質を飲ませて様子を見ることに。
この薬は粉末のもので、病院で調合されているので、
成分が何なのかはわかりません。
けれど、運がよく、薬を飲み始めるとみるみる膿が消えていきました。
1週間ほどで膿はなくなり、投薬も一旦中止しました。
ところが、1ヶ月を経過する頃また再発。
病院では、ずっと抗生物質を投与すると効き目がなくなる可能性があるため、
膿瘍ができたら抗生物質を投薬、膿が消えたら投薬中止、
これを繰り返していくしかないとのことでした。
4度目の再発の11月末頃に、免疫力を高める『ドクターミネラ』という薬用水
を与え、合わせて『ホリスティックケア―指圧&マッサージ―』
という本を購入し、その中に掲載してあった膿瘍に効くマッサージを開始。
毎日30分~1時間くらいはマッサージしていると、膿瘍ができなくなりました。
それから一度も通院していない日々が続いています。
ただ、胸のしこり(膿瘍ではなさそう)は相変わらずで、そのしこりによって
食欲が低下するとか、体重が減少することもないので、様子見となっています。
私は日本のお医者さんしか知らないので、何とも申し上げられませんが、
日本の多くの獣医さんは、飼い主の意思を尊重した医療を施してくれる方が
多いように思います。
私にとっては自分の命よりも大切な子供たちですから、
獣医師さんに安楽死なんて言葉を簡単に使ってほしくないです。
このコたちの命の長さは、このコたちが決めること。
一生懸命生きようとしているのですから、飼い主はそれをサポートするだけです。
どうかレオ君の病気が回復しますように心から祈っています。
もしよろしければ『ドクターミネラ』と『ホリスティックケア―指圧&マッサージ―』
の本をお送りしましょうか?
非公開コメントにて送り先をお教えいただければ、お送りします。
少しでもレオ君のお役にたてればと思います。
2014/03/03 01:15  | URL | ぴょん×2ママ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://pyontapyonkichi.blog102.fc2.com/tb.php/698-43c8961c

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。